■歌手(Singer)としての素顔■

「篠原涼子の本業は?」と聞かれると、涼子が二十代前半(1990年〜1998年)の頃は”歌手”と呼ばれるのが定番でした。芸能界入りのきっかけも中森明菜さんに憧れてですし、人前で歌うのが誰よりも好きで、高校を中退してまでもオーディションを受けるために上京しました。そして事務所戦略でグループ(ユニット)として日々歌のレッスンに励むなかで、徐々に歌手としての才能を開花させていきました。それが云わずと知れた涼子の大ヒット曲「恋しさと せつなさと 心強さと」でした。現在までシングル16枚、アルバム3枚を発売した涼子の「歌手・篠原涼子」としての素顔に迫ります。

1.東京パフォーマンス時代

歌手の中森明菜さんに憧れて芸能界に入りました。地元・群馬県の桐生市から、オーディションを受けるために1990年に上京します。そのオーディションでは、その憧れの中森明菜さんの「スローモーション」を歌って合格しました。東京パフォーマンスドール(略称TPD)の初期メンバー&フロントメンバーでした。TPDフロントメンバーは7人いますが、あの宝塚歌劇団同様「男役」と「女役」的な販売戦略はありました。涼子は「女役」の筆頭でした。現在日本を代表するアーティストになった「モーニング娘。」ですが、ユニット制やコンサート演出は実はこのTPDを真似たという噂もあります。モ娘。と違って、TPDが何故有名にならなかったか?これはモ娘。はテレビ露出(アイドル的に売り出す)、TPDはライブ露出(アーティストとして売り出す)、と演出の違いにあるからです。

そんなTPDにいるあいだにも、すごい公演数のライブをこなすうちに、涼子は天性の歌唱力にさらに磨きがかかりました。当時から歌唱力には定評がありました。TPDのコンセプトは「歌って踊れる…」ですので、全員基本的には歌は上手です。そんな歌って踊れるグループのなかにいても、涼子の歌手としての存在は当時からとても目立っていました。しかし、どちらかというと踊るというほうは苦手にしていました。

TPD時代は3枚のシングル(「恋はシャンソン」(1st)、「スコール」(2nd)、「Sincerely」(3rd))と1枚のアルバム(「Ryoko from Tokyo Performance Doll」(1st))を発売します。当時主流であったTVやCFのタイアップ曲ではなかったこと、スローバラード曲が多かったこと、歌手・篠原涼子が世間に認知されていなかったこと、などの理由によりシングル・アルバムともに全然売れませんでした。ただ「売れなかった曲→いい曲ではない」かというと、そうではありません。1990年代の歌謡曲、とりわけJ-POPはミリオンヒット連発の時代でした。「曲を出せば売れる」「TVやCFのタイアップ曲にすれば必然的に耳に残るので売れる」とCD量産の時代で、「売れた曲→いい曲→後世に残る曲」と少々間違った方向性に進んでいました。

涼子がTPDを卒業する1994年9月までにTPD本体としてはシングル6枚を発売していますが、いずれもライブ受けする歌って踊れる明るめの曲調でした。グループでは明るめの曲調を発表していますが、涼子ソロではバラード曲を発表していたのも特徴的で、涼子自身も心を込めてのびのびと歌えるバラード曲の方が好きなのかもしれません。現にTPD卒業後のソロコンサートや学園祭ライブでも、「スコール」や「バード」などのスローバラード曲を心込めて歌って、観衆を魅了していました。

2.小室さんとの出会い、そして歌の大ヒット

そんな歌手としての「地道な努力」と「天性の才能」を開花させたのが、言わずと知れた音楽プロデューサーの小室哲哉さんです。1994年7月発売の「恋しさと せつなさと 心強さと」(4th)が200万枚のビックセールとなり一躍脚光を浴びることになりました。東映洋画系アニメ映画「ストリートファイターII」主題歌に起用されたのもビックセールスになった大きな要因だと思います。

小室プロデュースとしてtrfが世間に先に認知されましたが、篠原涼子 with t.komuroとして世に「小室ファミリー」または「プロデューサー」を流行語に押し上げたのも実は涼子でした。ちなみにダブルミリオン(200万枚)を達成した最初の女性アーティストは篠原涼子です。当然のことながら篠原涼子の代表曲の一つです。1994年レコード大賞優秀歌唱賞、ゴールドディスク大賞、紅白歌合戦初出場等の栄光を手にすることになります。1994年12月の年末年始は歌番組にお正月番組に、とにかくいまでは考えられないほど連日のようにテレビ出演しました。

プロデュースした小室さんは、「恋しさと せつなさと 心強さと」を当時TPDにいた篠原涼子と穴井夕子のどちらに提供するかとても悩んだそうです。1994年9月にTPDを卒業する篠原涼子、穴井夕子、米光美保の3人。「誰が歌っても曲自体は万人受けするので絶対に売れる!」と小室さんは思っていたそうです。ここからは私見となりますが、穴井さんや他の誰が歌っても「恋しさと せつなさと 心強さと」はミリオンヒットしたと思いますが、その後の歌手としての活躍や歌手以外の分野での活躍はなかったと思います(つまり一発屋で終わり)。やはり涼子だったから、涼子の歌声が妙に耳に残ったり、涼子自身の持ち前のタレント性を歌番組や学園祭ライブで活かすことができたので、後述するように1998年頃まで歌手として活躍できたのだと思います。

時として世間から言われる「単に篠原涼子は運がよかった」という評価も必ずしも間違っていないと個人的には思うので反論はしません。確かに「恋しさと せつなさと 心強さと」を歌っていなければ、”歌手”としてのアピールポイントが訪れず、もしかしたら”歌手・篠原涼子”の時代はなかったかもしれません。現に「恋しさと せつなさと 心強さと」を歌って180度世界が変わってしまいましたし、前述のように誰が歌っても曲は大ヒットしたと思うからです。ただ、その後の「女優」や「タレント」としての活躍は、涼子の女優業やタレント業としての才能および努力がそれぞれ歌手業とは別の形で開花しただけで、「恋しさと せつなさと 心強さと」との大ヒットとは何ら因果関係がなく別物と見なければなりません。「運がよかった」を、「歌の大ヒット→女優やタレントとしての成功」と見る評価は間違っています。仮に”歌手・篠原涼子”の道が途絶えて歌の大ヒットがなくても、早かれ遅かれ必ず「女優」や「タレント」として涼子は世の中に認知されることは間違いないからです。

さて、「恋しさと せつなさと 心強さと」の勢いはとどまることを知らず、翌年の1995年にも引き継がれていきます。1995年2月「もっと もっと…」(5th)、1995年8月「Lady Generation」(6th)と小室3部作品でさらに歌手・篠原涼子が認知されます。1995年8月には念願だったアルバム「Lady Generation 〜淑女の時代〜」(2nd) も発売し、ソロシングルでもなし得なかったオリコン初登場第1位という偉業を達成します。夏には小室ファミリー総出演の「avex DANCE MATRIX '95 TK DANCE CAMP」や、さらにアルバム発売後には東京・名古屋・大阪でコンサートを開催するなど、J-POP界も小室ファミリー全盛期、涼子自身も歌手として充実した日々を送ります。しかし、これだけの活躍をして早くも世間からは年末の紅白歌合戦出場確実の評判だったにも関わらず、紅白歌合戦は出演することができませんでした(→詳細は「何故涼子ちゃんは1995年の紅白歌合戦に出演できなかったのか?」を参照してください)。

1996年は小室さんプロデュースから一転して、井上陽水プロデュース「ダメ!」(7th)、広瀬香美さんプロデュースの「平凡なハッピーじゃ物足りない」(8th)「しあわせはそばにある」(9th)と続いていきます。特に「平凡なハッピーじゃ物足りない」は涼子自身が出演していた「ファミリーマートのCFソング」にタイアップされた関係で有名ということもありますが、リズムも元気がでる曲調で実は隠れた名曲です。但し、カラオケで歌うのは音域が高いので難しい部類に入ります(歌った女性談)。この1996年は涼子自身初めてとなる「学園祭ライブ」を行い、しかも全国14ヶ所も周り、いきなりこの年の学園祭女王になりました。歌番組への出演や、学園祭ライブ、ファンクラブなどを通して、「ファンにもっとも近く、とても親しみやすい有名アーティスト」と評判になりました。

3.ベストアルバム発売

1997年は歌手・篠原涼子としての集大成の年で、これ以降は歌はさっぱり売れなくなってきます。 1996年11月に 「パーティーをぬけだそう!」(10th)を発表しましたが、世間を驚かせたのは忌野清志郎さんとのデュエットという新しい境地が話題に挙がりました。小室さんにプロデュースしてもらった1994年から「篠原涼子といえば、歴代大物プロデューサーに曲を書いてもらっている」が有名でした。今回の忌野清志郎さんとのデュエット曲が実現したエピソードがあります。当時涼子がレギュラー司会を務めていた歌番組「金曜玉手箱」(1995年11月10日放送)で忌野清志郎さんがゲスト出演してくださって2人は知り合いました。その後、涼子がDJを務めていたラジオ「感度良好!」(1996年5月12日放送)のゲストに呼びました。この辺りから、「曲を書いて下さいよ〜」と涼子が清志郎さんを誘い、やがてFAXのやりとりが始まり、今回のデュエット成立となった訳です。

涼子の曲にはインパクトがあるのか、CFタイアップ曲として使われることが多いのですが、同年発売された「Goodbye Baby」(11th)や「BLOW UP」(12th)も本人出演のCFであるグンゼ「BODY WILD」のCMタイアップ曲でした。男性下着のCFに出演するということで当時はCFとともに曲も随分と話題に挙がりました。歌手としてシングルCDは毎年1枚ペースで出しつづけます。1997年8月に涼子自身が芸能界に入ってからずっと念願だだった出身地、群馬県桐生市での凱旋コンサートを行いました。涼子の曲は知らないが、涼子自身はよく知っている、という商店街や近所の年配の方までコンサートに来訪し、まさに”こんなに歌手として有名になって桐生に帰ってきました!”と云わんばかりに、涼子自身も堂々と曲を披露していたのが印象的です。さらに、1997年11月にはベストアルバム「Sweets‐Best of Ryoko Shinohara‐」を発売しました。個人的には「ベストアルバムを出す時期が1年遅かったのでは?」と今になって思います。凱旋コンサートを行ったこと、ベストアルバムを出したこと、ファンクラブも休止、となったことなどからこの1997年から1998年にかけてが歌手・篠原涼子としての集大成の年だったと思います。

1999年は涼子の路線が歌手から女優に変わった年でもあります。肩書きも以前は「歌手兼女優」と”歌手”の方が前面にきていたのに、1999年以降は「女優兼歌手」と逆転してしまいます。1998年10月に発売された「a place in the sun」(13th)は涼子自身も出演した映画「ベル・エポック」の劇中歌、2000年3月の「リズムとルール」(14th)はドラマの主題歌、そして2001年8月の「someday somewhere」(15th)は涼子自身も出演したドラマ「「早乙女タイフーン」の挿入歌としてそれぞれ使われるようになりました。涼子といえばCFのタイアップ曲が多かったのですが、女優に転身した頃から、曲も映画やドラマのほうに使われるようになりました。

そしてドラマや映画出演でひっぱりだこですっかり”女優・篠原涼子”としての地位を築いた涼子に、約1年8ヶ月ぶりとなる新曲「Time of GOLD」(16th)が2003年5月に発売されました。1998年の「BLOW UP」以来となる自身出演CFタイアップ曲となり、また椎名純平さんとのデュエットとしても大きな話題を呼びました。CF「カナダドライ・ジンジャーエール」は今でも流れており、曲調もCFに合わせて大人っぽいシックな感じに仕上がっています。

4.歌手・篠原涼子としての今後

今後の課題としては、作詞をしてみたいと言ってます。過去に2曲、発売したアルバムのなかで涼子自身が作曲した曲が収録されていますが、シングルとしてはまだ涼子自身が作曲した曲を発表していません。そうしたオリジナリティーを高めて、あとは販売戦略を練って作品として残していければよいかなと思います。

CDシングル発売

CDアルバム発売

ミュージッククリップ発売

TV歌番組出演

コンサート・ライブ開催

TPDシングル発売

TPDアルバム発売

涼子が関係する(ソロ・原宿ジェンヌ・ゴルビーズ・UL-SAYS)楽曲をピックアップしました。