■篠原涼子さん年代別ディスコグラフィー■

篠原涼子さんの主な出来事を年表形式に年代別ディスコグラフィーとしてまとめてみました。篠原涼子を語る上での代表的な作品・出来事は赤印で強調してあります。

1.篠原涼子さんの素顔

篠原涼子さん(しのはらりょうこ)は、主に女優、歌手、タレントと様々な分野で活躍する芸能人です。生まれは群馬県桐生市で、1973年(昭和48年)8月13日(獅子座)生まれの現在32歳(2006年7月現在)。1990年に芸能界デビュー(東京パフォーマンスドール(以下TPD)参加日:1990年6月、ソロデビュー日:1991年1月21日)してからずっと本名(篠原涼子)のままで活躍してきましたが、2005年(平成17年)12月8日に舞台俳優・市村正親さんと結婚して、本名が市村涼子さん、篠原涼子は芸名となりました。従って、出身地も生まれの群馬県桐生市から変更になったと思われます。デビュー当時のプロフィールでは、「身長162cm・体重43kg、スリーサイズはB82-W59-H85、靴のサイズは23.5、血液型はB型」と記録されています。現在の所属事務所は、いくつかの芸能プロダクションが集まって設立された「ジャパン・ミュージックエンターテインメント」のなかの「株式会社イー・コンセプト」です。

冒頭にも書いたとおり「女優」「歌手」「タレント」と3つの顔を見せる。近年、これだけマルチ性を兼ね備えた芸能人は登場しませんでした。「歌手・タレント」や「歌手・女優」など2つの顔を覗かせる人はいるが、3つとなるとまず涼子を差し置いて誰もいないであろう。古くは「もっと もっと…」を歌いながら、ドラマ「輝く季節のなかで」で医者の卵を演じ、バラエティー「ごっつええ感じ」でケーキを顔にぶつけられる。「超ヤル気!」と15秒のCM演出をするかと思えば、ラジオ「感度良好!」でDJを務めていた日々です。一時の涼子はこんな多忙な日々を送っていました。

もともと天性のタレント性を兼ね備えており、30代となった今でも昔と変わらないオトボケぶりを見せてくれます。1999年を境にして、歌手から女優へ転身します。以前は「歌手兼女優」という肩書きでしたが、1999年頃から「女優兼歌手」と立場が逆転します。そして2003年の「ぼくの魔法使い」、2004年の「光とともに…」、そして2005年の「anego」と日本テレビ系の連続ドラマに3年連続で主演を果たし、一躍トップ女優へと登りつめました。2005年度よりすべて主演級としてドラマ出演しています。

2.誕生からTPD参加まで

家族構成は両親と兄・姉の5人家族であったが、母は涼子が2歳の頃に交通事故で亡くなっている。中学校へ上がった頃から芸能界、とりわけ歌手に憧れを抱き、数々のオーディションを受験するため高校1年の夏休みに中退し上京することになる。初めて受験したオーディションは、ミスカッパピアで同世代の高橋由美子さんも一緒だったそうだ。同年12月の「エピックソニー/アンクルF」合同オーディションに合格し、歌手デビューを目指すことになる。事務所戦略で当時事務所に所属していた3人で結成した東京パフォーマンスドール(TPD)として歌手デビューを果たす。しかし、結成当初は全然売れず、デビューしてからブレイクするまでは寿司屋でアルバイトをしながら生計を立てていた。歌手活動の一方で、1991年12月より涼子初のレギュラー番組となる「ダウンタウンのごっつええ感じ」(CX系列)に出演し、番組内のさまざまなコントやゲームに挑戦する。男性レギュラー陣が多い中での涼子は女性でしたが、臆することなく男性レギュラー陣に向かって強くなった気がします。アイドルでありながら、汚れ役も引き受けたりと徐々にタレントとして知名度を得ることになる。結果として約6年もの長期に渡ってずっとレギュラー出演していた。

3.TPD卒業、そして一躍スターダムの世界へ

1994年7月、ゲーム&映画「ストリートファイターII」の主題歌である「恋しさと せつなさと 心強さと」(篠原涼子 with t. komuro)が200万枚のビックセールとなり一躍脚光を浴びることになった。ちなみにダブルミリオン(200万枚)を達成した最初の女性アーティストは篠原涼子ということはあまり知られていない事実であるが、燦然と輝く記録である。当然のことながら篠原涼子の代表曲の一つであり、世に「小室ファミリー」または「プロデューサー」を流行語に押し上げたのも実は涼子であった。その年のレコード大賞優秀歌唱賞(日本レコード大賞の次点)、ゴールドディスク大賞、紅白歌合戦初出場等、歌手として数々の栄光を手にすることになった。必然の公理からか、同年9月にTPDを卒業した。

歌手として一躍有名になった勢いをそのまま翌年1995年(平成7年)も持続することになる。まず歌手としては、小室さんプロデュース作品となる「もっと もっと…」及び「Lady Generation」を発売、そしてソロアルバム「Lady Generation〜淑女の世代〜」やソロコンサート「Ryoko Summer Generation Tour1995」も開催された。そして女優としても連続ドラマ「輝く季節の中で」へもコアメンバーとして出演、更にはラジオレギュラー「篠原涼子の感度良好!」のスタート、自著本「ピンぼけ」の発売、と涼子身辺は180度世界が変わったのは印象的であった。

特にドラマ「輝く季節の中で」は、それまでは歌手・篠原涼子というイメージが強かったものの、この「輝く季節の中で」の好演技が認められ、その後歌手だけでなく、女優としての道も歩むことになったきっかけを作った作品である。またラジオ「篠原涼子の感度良好!」は、本音トーク炸裂でシモネタや爆笑トークなど面白い話や、スケジュールなど最新情報が得られたり、または涼子自身が考えた一コーナが採用されて番組構成を行ったり、とラジオならではの楽しみがあった。

4.歌手として順風満帆な日々

1995年までは歌のヒットにより歌手として知名度を上げていたが、1996年からは一人立ちして歌手として円熟味を増してくる。残念ながらCDシングルの売り上げは下降線をたとっていくことになり、それに引きずられるように、タレント・女優としても低迷・模索する日々が続くことになる。この時期に学園祭ライブを開催したり、夢であった地元群馬県桐生市での凱旋コンサートも実現したのは、歌手として大きな成果だと思う。

1995年1月よりレギュラー司会を務めている「金曜玉手箱/金之玉手箱」。深夜番組であったため、思う存分羽を伸ばして、シモネタ・暴言・失言連発の涼子が印象的であった。司会陣で唯一の女性だったため、男性ゲストのときには紅一点の涼子は集中放火を浴びますが、それに負けないだけのおとぼけトークを磨くことができた。

またCF「ファミリーマート」も4半期に一度、季節に合わせてイメージチェンジされ、バックで流れるCM曲は涼子のシングル曲であった。ファミリーマートのCMを発足したとき、最初に起用された、つまり初代は涼子である。「超元気?」と笑顔を見せてアピールする涼子が印象的であった。

5.華麗なる女優転身へ

歌手・タレントとしては1990年代後半は一時期低迷した感があったが、2001年頃から本格的に女優への転身をはかり、徐々に人気が回復した。その後は映画やドラマ、CMを中心に演技派女優としての実力を身につけ、数多くの分野で活躍することになる。まず一つがNHK大河ドラマ(元禄繚乱・北条時宗)に2年連続で出演したこと。次に初めての舞台「ハムレット」へ出演したこと。そして、映画「冷静と情熱のあいだ」での好演技が認められたこと。もちろん途切れることなく連続ドラマ・単発ドラマへの出演が続き、着実に女優としての演技の幅を広げたのはこの時期だと思う。

そしてこの時期発売したシングルがテレビドラマの主題歌・挿入歌として使われるようになったのも見逃せない。レギュラー番組として「中居正広の金曜日のスマたちへ」や「ミュージックバトル・決戦は日曜日」もこなすようになり、にわかにマルチタレント性(女優・歌手・タレント)としての才能を開花させ始めた。そんなマルチタレント性が発揮された最も印象的な番組は、ドラマ「HR」の番組宣伝も兼ねたフジテレビ半年に一度の「笑っていいとも!秋の祭典★スペシャル」である。俳優・女優陣が勢ぞろいするのであるが、もともとバラエティー慣れはしていないなかでの出演である。アドリブが利いたり、場の雰囲気も読み取る、司会の中居正広さんとも気心しれた仲というのもあると思うが、2人のおしゃべりは見事というしかない。

SMAP本体は歌手であるが、メンバー5名は各々ドラマへ出演したり、バラエティー番組へ出演したりと活動が幅広い。そんなSMAPメンバー5人全員と、テレビドラマ共演するという快挙を2002年に成し遂げた。

6.主役級女優として最高潮を迎える

W主演となるが、涼子自身初のドラマ「ぼくの魔法使い」へ主演する。そして同時期に他局で「ムコ殿2003」へも出演ということで、近年では誰も成しえていない連続ドラマ掛け持ち出演をすることになる。この2003年4月〜6月期の連続ドラマ掛け持ちは、また翌年2004年4月〜6月の「光とともに…〜自閉症児を抱えて〜」と「アットホーム・ダッド」でも発生する。テレビ業界ではプロデューサーのキャスティングミスと批判も出たらしいが、どちらのドラマにも女優・篠原涼子が必要と認められた結果のキャスティングであるので、とても栄誉なことだと思う。今まで培ってきた女優魂が開花して、一躍主役級女優への階段を登っていくのであった。

この時期からドラマ初回や最終回の際は、情報番組サイドがドラマ出演者をスタジオに呼んで視聴率アップを狙い、ドラマ制作サイドも番組宣伝できるとあって、双方の相乗効果を見込んで同局の情報番組へドラマ出演者を生出演することが定番化してきた。涼子は、そうした情報番組へ生出演しては、その場に合わせた会話をしたり、番組企画のゲームをしたりして、視聴者を楽しませてきた。そして特筆すべきは他の共演者たちに比べて、とても涼子は目立つということです。勿論、ドラマの中で主演であれば、ゲスト出演しても話の中心になるのは当然のことですが、あの独特の雰囲気とおしゃべりがみんなを惹きつけるからであろう。

7.トップ女優としての輝き

2005年の「anego〜アネゴ〜」の影響が大きいとは思うが、本人自身の気取らぬ性格、親しみやすい性格、ドラマでの演技力の高さなど、近年は女性からの支持が高いことも特徴である。あとはナチュラルなメイクと長い髪と外見的な部分での女性からの憧れ票というのもある。自身初となる化粧品CF「資生堂・Maquillage〜マキュアージュ」も、女性からの支持によるものであろう。

プライベートでは、ずっと噂されてきた市村正親さんと結婚する(2005年12月8日)。市村さんとは2001年の舞台「ハムレット」にて共演したのがきっかけとのこと。そして涼子2回目の舞台出演「天保十二年のシェイクスピア」が今年2005年に公演され、両舞台ともに演出家・蜷川幸雄さん作品である。

8.当サイト管理人の素顔

似顔絵私プリプリ(管理人)は1973年6月生まれ。篠原涼子さん(1973年8月13日生まれ)と同じ年です。さて篠原涼子さんについては、いまから約12年前の1993年、当時「笑っていいとも!」の金曜日レギュラーを務めていた篠原涼子さんを観たときに私の心を動かし、やがてファンになっていきました。

では私はいつごろから、篠原さんに興味を抱くようになったのでしょうか?初めて彼女を見たのは1993年の秋、当時の彼女のレギュラー番組「笑っていいとも!」です。なにげなく「笑っていいとも!」の金曜日を見ていたときのこと、新レギュラーとして篠原さんが紹介されました。彼女の初めの第一声は、「初めまして篠原涼子です!」(!は何かハートマークのようだった……(^_^))だったと思います。まあ、あいさつは普通ですし たが、そのとき感じた何かスッとぼけたような声、妙に気にかかりました。「笑っていいとも!」のワンコーナーでタモリさんから何か質問をされると案の定、的を得ない返答をし、その度にタモリさんやさんまさんから突っ込まれていました。

このおとぼけぶりが妙に私の目に留まるようになり、徐々に気になるタレントさんとして私の心の中で何かが芽生えてきて、それからは彼女の一頭一足に興味を抱くようになりました。まだ私は高校生でしたが、金曜日の12時20分から「笑っていいとも!」を毎週録画していた気がします。でも遠い昔にそのビデオは消してしまい、今となってはとても後悔しています。その「笑っていいとも!」のレギュラーも半年で終了(その後は同じTPDの穴井夕子さんへバトンタッチ)し、しばらくテレビで彼女を見かける機会がなくなりました。「ダウンタウンのごっつええ感じ」にレギュラーで出ていることは後になって知りましたが、今でもこの番組は見ていません(時間帯の関係で)。テレビで彼女を見かけなく(私が!)なったので、少しずつ興味が薄れていき、しばらくは篠原さんの存在を忘れていました。

やがて時は過ぎて、私も大学生になり東京へ上京した1994年に日本テレビの日曜お昼の新レギュラー番組「テレビおじゃマンモス」を偶然見たときに、篠原さんが出演していて驚いたことを覚えています。姉妹番組「テレビおじゃマンボウ」を見ていて、日曜日のお昼に「テレビおじゃマンボウ」と似たような番組が始まるなと思ってチャンネルを合わせました。篠原さんが「テレビおじゃマンモス」に出るということは全く知らず、第一回目の放送を見ました。数多いレギュラー陣の中に篠原さんがいて、「笑っていいとも!」のときに出ていた「あのぼけている人だ!」と過去の篠原さんに対する思いが走馬灯のようによみがえってきました。「テレビおじゃマンボウ」を毎週チェックするようになって、再び篠原さんに興味を抱くようになりました。

彼女独特のキャラクターであるおとぼけぶりは相変わらずで、特に番組内の料理コーナー「マンモスクッキング」においてはこれから作るメニューの材料を、篠原さんが視聴者にボードを見せながら説明するところがあります。篠原さん自身は一生懸命説明しているものの、口下手さが災いして毎回ひっかかってばかり、でもとても面白い。おしゃべりの下手な人に読ませる必要がないのに、今でも敢えて篠原さんに読ませている辺り、「面白いことやるな〜」と毎週思ったものです。

「テレビおじゃマンボウ」は「恋しさと せつなさと 心強さと」が発売された1994年7月21日の三ヶ月前にスタートしたので、「恋しさと〜」が売れはじめると毎週のようにCDの売上を追っていました。このとき初めて私は篠原さんが歌手であるということを知りました。やがてオリコンでも2位を3週続けて取るようになると、番組内での応援のボルテージも最高潮に達し、いつしか私も応援するようになりました。そして、運命の10月2日放送分の「テレビおじゃマンモス」ではオリコン9月26日付第1位を記念して、篠原さん自身が生で歌うことになりました。篠原さんは感激のあまり歌っている途中で泣いてしまったときには、テレビを見ていた私もとても感動しました。

篠原涼子私設ホームページを1995年12月に立ち上げて、今年2006年7月でいよいよ10年目の季節に突入しました。タレント・アイドル系サイトのなかでおそらく最も長い歴史があります。2006年3月には来訪者数100万アクセスを突破しました。この篠原涼子私設ホームページ「自然な魅力!篠原涼子の気持ち」を開設したのは1995年12月の大学3年生のとき、最初のテーマは今もページとして残してある「何故涼子ちゃんは1995年の紅白歌合戦に出演できなかったのか?」でした。そして設立当初から、私設タレントページとして、どうすれば二度も三度も、出来れば毎日、 みなさんが訪れて下さるようなページ構成はないものかと思考錯誤した結果、「自分の言葉で、自分の考えで、ページ構成してみてはどうか?」というところに行き着きました。それがこの「自然な魅力!篠原涼子の気持ち」の原点であり、評価されている点でもあると自負しております。

こんなに素晴らしい文章が書けるのは一重に涼子の、「歌手」「女優」「タレント」「グラビア・雑誌」と多種多様な仕事ぶり(通称「涼子さんのスーパーマルチ性」)と、おおよそ芸能人っぽくない装いを魅せる歌の上手さとおしゃべりの下手さ(通称「涼子さんの二面性」)のおかげだと思っています。私はいつもそんな涼子の「スーパーマルチ性」と「二面 性」に魅了されているし、涼子にはどんどん新しい分野を追求していって欲しい。またいつまでも追い求めるような人になって欲しい。私はそんな涼子が好きだし、たとえ失敗したとしても、必ず次にチャンスが訪れる。これからも前向きにいろいろなことにチャレンジしていって欲しいと思うし、逆に追い求めなくなったら、涼子の魅力がなくなってしまうと思うのです。他のどのタレントさんにもない涼子さんだけに称号される2大キーワード(スーパーマルチ性・二面性)を担げて、この「自然な魅力!篠原涼子の気持ち」を展開させています。こんな私に少しでも共感して頂けると、ページを作った甲斐があったと思えるし、とても光栄です。これからも涼子ファンの方は勿論、篠原涼子とは?と何らかの縁で訪問してくださった人たちみんなが満足してもらえるような、そんなサイトを目指して日々頑張っていきたいと思います。

2000年代に入って、涼子は女優として大成することになります。そして今や出演するドラマはみんな主演で、しかも視聴率が取れる女優、そして様々な役柄を演じることができる演技派女優としてドラマ界のトップに君臨しています。デビュー当時、これほどの大女優、女優として大成するとは夢にも思いませんでした。

オフィシャルファンクラブがないいま、我が篠原涼子私設ホームページ「自然な魅力!篠原涼子の気持ち」が唯一ファン同士が集うことのできる場となります。私の涼子ちゃんに対する探究心と、訪問してくださるみなさんの情報をミックスしたページ、それが私の目指すものです。老舗旅館ならぬ「老舗サイト」として「来訪して良かった!」「これからも来訪します」と言われるように、いろいろな情報を提供します。