■篠原涼子ドラマ出演歴一覧表(1995年)■

1995年(平成7年)
12 福岡エリアコードドラマ「木曜彼女と見たい恐い話 真夜中のクラス会 前編・後編」
地域に必ずあるミステリーゾーンの話や、学校にまつわる怪談話をモチーフにした恐怖のエピソード集「彼女と見たい恐い話」の1エピソード。
放送日:1995年/分類:単発ドラマ
脚本:鈴木浩介
篠原涼子、鈴木恵美
総合:(未視聴)/ドラマ話題性:☆
11 月曜ドラマシリーズ「妊娠ですよ2〜第2話 あなたの子供じゃないの…」
武彦(酒井敏也)は製薬メーカーのセールスマン。大輔(三浦友和)の医院も担当している。その武彦が妻の尚子(篠原涼子)をつれて来診する。大輔の診断は妊娠5ヶ月。二人は喜んで帰ったが、夕方尚子だけが訪れ、墜胎してほしいという。尚子は赤ん坊の父親が武彦ではないかもしれないと、まりこ(高樹沙耶)に打ち明けた。
放送日:1995年10月23日(月)/放送時間:22:00〜22:54/放送局:フジテレビ/分類:連続ドラマ(ゲスト出演)
脚本:鈴木曙美、藤本信行/演出:小田切正明/プロデュース:指田貴行
三浦友和、高樹沙耶、羽野晶紀、柳沢慎吾、松居直美、角替和枝、柴田理恵、野々村真、沖直美、布川敏和 【以下はゲスト出演】篠原涼子、酒井敏也
涼子の役名:尚子/涼子の役柄:製薬メーカーに勤める夫を支える主婦で妊娠5ヶ月
主題歌:「愛してます」(大黒摩季)
総合:11ポイント/ドラマ話題性:☆☆☆/涼子演出度:☆☆☆☆/おすすめ度:☆☆☆☆
10 木曜劇場「輝く季節の中で」
離島出身の果菜子(石田ひかり)は、幼い頃、事故で両親を失うが、島にひとりしかいない女医(かとうかずこ)に育てられる。それがきっかけとなり、自分も医者になることを志す。果菜子、澤田(保阪尚輝)、樋口(中居正広)、明美(篠原涼子)、久美子(井森美幸)の5人は、医大の最終学年になり、冷酷な指導教官・高槻(長塚京三)の指導を受けることになる。5人は高槻から容赦なく試練を与えられ、追い詰められながらも少しずつ成長していき、やがて友情が芽生える。そして高槻の冷酷さの真意が明らかになっていく。
放送期間:1995年4月20日(木)〜6月29日(木)/放送回数:全11話/放送時間:22:00〜22:54(最終話のみ85分枠の拡大版)/放送局:フジテレビ/分類:連続ドラマ(レギュラー出演)
脚本:岡田惠和/演出:木村達昭、新城毅彦、臼井裕詞/プロデュース:亀山千広
石田ひかり、保阪尚輝、中居正広、篠原涼子、井森美幸、遠山景織子、長塚京三、稲森いずみ、渡辺いっけい、かとうかずこ
涼子の役名:星野明美/涼子の役柄:医大生
主題歌:「君がいたから」(FIELD OF VIEW)
DVD・VHS作品化:●
総合:12ポイント/ドラマ話題性:☆☆☆/涼子演出度:☆☆☆☆/おすすめ度:☆☆☆☆☆