2002/11/30/Sat. − 涼子もたまには学園祭気分を味わいたい

11月30日(土)放送の「ナイナイサイズ」(日本テレビ系列23:30〜)では、矢部浩之さんが上智大学を訪問して、実際に学園祭を楽しんでいる模様が放送された。上智大学の学園祭実行委員の人が、模擬店や教室イベントを案内するものの、当然人が群がって動くのもままにならない状態。矢部さん自身は高校卒業で、大学の学園祭を楽しんだことがないそうだ。そういえば、1996年に涼子自身初めて学園祭ライブを行い、14ヶ所もの大学を廻った経験がある。学園祭ライブのMCで、その矢部さんのコメントと同じように、「私自身、高校中退したから学園祭という雰囲気を味わったことがないので、今日は思いっきり楽しみたいと思います。」(1996年の昭和女子大学における学園祭ライブコメントより)と言っている。でも涼子は有名人なので、普通に模擬店などを廻るとそれこそ人が群がって身動きが取れなくなってしまうので、結局出歩いていないと思う。似たような話が、先日11月3日の「文化放送開局50周年イベント」が神宮外苑で行われたときにも言える。各地方の名産物やイベントなど、模擬店がたくさんあったのだが、やっぱり廻れなかったと思う。有名人ながらの悩みであろうか? 涼子の夢である模擬店で、一般人と同様に楽しめるような環境、何とか叶って欲しいなと思う。