1997/06/26/Thu. − 涼子コンサートの生命線はあのトーク(涼子コンサート in 赤坂BLITZ)

今日は待ちに待った「涼子コンサート in 赤坂BLITZ」開催の日である。コンサート全般に関しては、よく練られたいたのでとても楽しめた。特に新曲が7月1日に、アルバムが秋に、それぞれ発売を控えているので、コンサート曲目のなかにもかなりの割合で新曲やニューアルバム曲が盛り込まれていた。ニューシングルとなる「Goodbye baby」は絶対に歌うと思った。予想外だったのは、ずっと延期になっていたニューアルバムの中に盛り込まれるであろう曲を、何とコンサートで5曲も歌ったことである。当然、会場にいる誰もが知らない曲ばかりを歌う。涼子自身も、その秋に発売されるニューアルバムのことには触れて、「曲事体は知らないとは思いますが、じっくり聞いて手拍子や声援を贈ってください!」と言っていた。シングル曲ばかりで構成すると、やがてコンサートのマンネリー化を起こす。その点を考慮すると、アルバム曲、しかもまだ未発表のアルバム曲でコンサートが構成されていたということは、意表を突かれて面白かった。

今回シングル曲で実際に歌ったのは、小室3部作と「しあわせはそばにある」、新曲「Goodbye baby」、そして「スコール」の6曲である(全11シングル中)。特に「スコール」を歌ったのは予想外で、TPDコンサートでも歌ったことがないのではなかろうか? 曲構成や客のノリは良かったのだが、反面悪かった面もいくつかある。悪かった点のキーワードは3つ、「会場規模」、「MC」、「グッズ」である。まず「会場規模」について。「赤坂BLITZ」という会場設営を考えたら仕方ないことだと思うが、一階は前5列だけがイス席で、その後ろは自由立ち見になっていることである。しかもステージが一階観客席よりも1メートルくらい高いくらいで、とてもステージ全体を見渡すのが困難であった。次に「MC」について。涼子のコンサート・ライブは歌も大切だが、その涼子独特のおしゃべりが場の雰囲気を楽しませているといっても過言でない。そのおしゃべり(MC)が今回に限っては少なく、しかも涼子本人が的を得てないおしゃべりで正直つまらなかった。そう、今回のMCのポイントは、涼子が的を得たしゃべりをしていなかったことである。

最後は「グッズ」について。会場内では、涼子グッズが売られていた。コンサートなのだから当然である。でもポスターとテレカだけしか売っておらず、品が少ないかなと思った。当然私はポスター(1,000円)とテレカ(2,500円)の両方とも買った。ところで、コンサートが終了して会場の外に出ると、涼子グッズを売っている露店があった。考えてみればコンサートだから露店みたいなものがあって当然である。私はすっかり露店の存在を忘れていた。会場内ではファンクラブ公認グッズが売られているが、そうした会場外の露店では著作権・肖像権などの認可が下りた半ファンクラブ公認グッズらしきものが売られているのが一般的である。会場外の露店のグッズは、少しマニアックっぽくファンから見れば魅力的な品ばかりである。私はその露店で「涼子生写真」と「ステッカー」を購入した。でも他に「キーホルダー」や「テレカ」などまだまだ種類はあった。露店の弱点は使いまわしの品を扱っているところである。つまり、以前に売れ残ったものをまた次回に使うといった、時期外れのグッズも多い。今回の涼子コンサートでは、95年の「Lady Generation」ツアーで売られていたグッズも半数くらいあった。

いずれにせよ、グッズに関して言いたいことは、会場内で売られていた品が少なすぎることと、露店の存在を忘れて会場内でお金を使いすぎないことの2点である。何がともあれ、涼子コンサートに参加出来たことはホントに喜ばしい。自由に参加出来ない、時間が束縛される社会人生活に最近イヤ気がさしている…。