1996/02/01 − 何故涼子ちゃんは1995年の紅白歌合戦に出場することが出来なかったの?

小室さんプロデュース3部作品の一つ「恋しさと せつなさと 心強さと」のミリオンヒットにより、その年の1994年のNHK「紅白歌合戦」に初出場という栄光を手にした涼子。翌年1995年も1994年と変わらない、いや歌、ドラマ、CM、タレント、に1994年以上の活躍ぶりをみせた。この涼子の活躍ぶりをみて、各紙紅白出場予想も当然「当確」であった。それにも関わらず、フタを開けてみると落選の知らせが…。当確印が出ていて結果的に落選したのは涼子ただ一人であった。どうして1995年の紅白に涼子が出場できなかったのか究明してみたい。私が涼子愛好家ということを度外視しても、どう公平にみてもおかしな紅白人選選び。(1996年2月作品)


1995年も順調に仕事をし、多忙な日々を過ごした涼子ちゃん! 思い起こせば、1994年秋、彼女の4枚目のシングル「恋しさと せつなさと 心強さと」が200万枚を越える大ヒットで、一躍「日本レコード大賞優秀歌唱賞」にノミネートされ、更には歌手として最高の栄誉であるNHK「紅白歌合戦」初出場まで達成した。1995年はその活躍に続けとばかりに、シングル3枚、アルバム1枚を発売し、いずれもミリオンヒットとはいかないまでも、50万枚は越えるヒット作品となった。

涼子ちゃんに大変興味がある私は、このままの調子を維持すれば、まず2年連続2回目の紅白歌合戦出場は間違いないなと思った。案の定、1995年も暮れに差し迫ると、彼女のレギュラー番組である「テレビおじゃマンモス」(日本テレビ)でも、紅白出場に関するネタが他局であるにもかかわらず話題になった。司会のヒロミさんが涼子に、「今年の年末もお前忙しいだろ!」「紅白出場も確実だしな〜」と何気なく質問すれば、当の涼子ちゃんは、「当たり前じゃないですか。」「今年もテレビ局で年越しですよ!」などと相変わらず訳の分からない返答で、紅白出場に対する余裕の素振りを見せていた。

雑誌「ザ・テレビジョン」では、「'95-'96 年末年始のTV先取り特急便!」として、今年度の紅白歌合戦の出場歌手の大予想をしていた。その中でも、私が大変気になる部分の記事をそのままピックアップしてみよう。

手話のノリピー、小室組の安室は当確
内田有紀は有力、中森明菜は微妙か?

一方、昨年勝利を収めた紅組。連覇を呼ぶ初出場組の注目は安室奈美恵だ。白組のH Jungle…、紅組で連続出場確実のtrf、篠原涼子に加え、”小室ファミリー”4組目となるが、「あそこの方針は、メディアを最大限に活用して売ること」(音楽雑誌記者)なので、紅白で安室のダンスが見られるのは間違いなさそう。

酒井法子も念願の初出場当確組。「ドラマの主題歌『碧いうさぎ』は酒井自身初のミリオンセラーになったし、”紅白では手話つきで歌いたい”とも発言。NHKが好みそうな企画なんじゃない?」(スポーツ誌デスク)。アイドル系ではことし唯一のヒットともいえるので貴重な存在と言えそうだ。(以下略)

以上が「ザ・テレビジョン」の記事だが本当に的確なことを書いている。つまり正論である。誰がどうひねったところで、小室ファミリー及び酒井法子についてはこのようにしか書けないはずである。この記事を見て分かるとおり、篠原涼子は当然紅白に出場するということを大前提として記事を書いている。一方別表には「出場歌手大予想の表」があるのでこれにも目を向けてみる。

<昨年の出場メンバー>

<初出場及び復帰有力歌手>

「ザ・テレビジョン」の記事によると、涼子ちゃんの出場予想を、◎(当確)としている。当然であろう。先にも書いた1995年の活躍だけを見ても、◎しか付けようがない。妥協して○(有力)というのも絶対にあり得ない。結果論になるが、「ザ・テレビジョン」の方で、昨年の出場メンバーの11組と初出場及び復帰有力歌手の5組の合わせて◎をつけた16組のうち、結局1995年の紅白に出場出来なかったのは篠原涼子ただ一人であった。◎が16組、○が33組と、◎の組数を○の半分に絞ったところを見ると、「ザ・テレビジョン」の方としても相当自信を持って◎をつけたのだと言うことがうかがいしれる。本文記事のほうで、あれだけ押していた安室奈美恵さんでさえも○だったのある。大半の雑誌・新聞等の予想に反して涼子が出演できなかったなんて…。う〜〜ん、NHKも一体何を考えているのだ〜〜。

まず私の怒りを露(あらわ)にしたところで、次に紅白出場歌手発表となる11月30日(木)のドキュメントを見てみよう。

紅白歌合戦の放送一ヶ月前となる11月30日に紅白出場歌手が発表になった。その出場歌手を紅組の方からサッと見ると「安室!今年ブレークしたもんな〜当然でしょ」「岡本真夜!へえっ、初めてテレビに出るじゃん!」「法ちゃん(酒井法子)と森高は?あっ、いた!いた〜〜!」「シャ乱Q!今年だけで終る一発屋になるの〜〜?」「米米CLUB!えっ、何かヒット曲あったっけ?」などと一覧表を見ながら、頭の中で自問自答していた。「ミスチル」や「マイラバ」が出ていないけど、まあまあの人選か? 小室ファミリーも、「1、2、3、おおっ3組も!」 これだけ出ているからヨシとするか〜〜。と納得したのもつかの間、大変なことが分かった。小室ファミリーの出演人数を数えていて「誰かが足りない」と頭をよぎった。そう、「涼子ちゃんが、い・な・い!」という事実に気がついたのである。思わず、「あれっ、何で涼子ちゃんがいないの?」と誰もいない家の中で大声で叫んでしまった。「何かの見間違えだよな〜。」と思って、もう一度見直してみたが、やっぱりいない! 「あれっ、何で??」といろいろ考えているうちにNHKに問い合わせようと決意。さっそく電話することにした。

NHK側:「もしもしこちらNHK広報部ですが…」
私:「もしもしお忙しいところすいませんが、紅白歌合戦の出場歌手の件についてお尋ねしたいのですが…」
NHK側:「はい、なんでしょうか?」
私:「何で紅白に篠原涼子さんは出場しないのですか?」
   (私は、どうして出場できないのですか?という意味でこう言った!)
NHK側:「そのような件につきましては、当局ではお答えできませんので御了承下さい。ガチャン!」
私:「もしもし、でも…(あっ、切れてる〜〜)」

当然こうなるのは分かっていた。別にNHKに抗議した所で、筋違いである。あぁぁっ、「今年の紅白も興味薄れるな〜〜」と思うと急に落胆してしまった。私が涼子ちゃんのことが好きということを度外視して、どう公平に見ても涼子ちゃんが紅白に出場出来ない理由が見当たらない! 私なりに理由を考えてみることにした。

  1. 「小室ファミリーが多過ぎるから?」…いやいやこんなこと理由にならない。
  2. 「去年に比べてCDの売上が落ちたから?」…違う違うこんなこと今年度リリースしたトータル枚数でみれば、米米やフミヤ、ましてや森高や法ちゃんに比べても完全に勝っているよ〜〜。じゃっ、
  3. 「オトボケていて、馬鹿っぽいから?」…嘘だろう、こんなこと紅白出場と何の関係もない。彼女の個性なのだから。
  4. 「大晦日は東京にいない? 海外にでも行くの?」…仮に海外に行く予定だったとしても、「マンモス」でも紅白に出るようなことは言っていたから、海外へ行く方をキャンセルするなり順延するなりして、絶対紅白の方に出るだろう。といろいろ考えてみたが、どう公平に見ても紅白に出場出来ない理由がない!

そして、紅白出演歌手が発表されたその週の日曜日(12月3日)、当然レギュラーの「テレビおじゃマンモス」でも紅白出場メンバーについての話題が挙がった。ヒロミさんが「涼子、お前何で紅白に出られないんだよ〜。俺、もう新聞見てビックリしたよ!」と聞けば、涼子ちゃんが「何ででしょうかね?もう、メチャメチャ泣きそうですよ〜」と半べそ状態で答える。さらに「小室ファミリーから外されてしまったんじゃないの??」とヒロミさんが冗談まじりに聞くと、涼子ちゃんは「私NHKから嫌われているのかな? 私一人だけ小室ファミリーで紅白出られなくてメチャメチャ淋しいですよ〜」と言っていた。受け答えする涼子ちゃんは、顔では苦笑いしていたが、内心はやっぱりとても悔しかったと思う! いまにもその場でうずくまって泣き出してしまいそうな感じであった。

紅白だけがすべてではないけど、歌手やアーティストにとって一番大きな名誉は何と言っても「紅白歌合戦」出場である。大晦日、TBSとNHKを往復するのは疲れるかもしれないが、嬉しい悲鳴ではないか? それだけ世間でも求めているのだし、年度内こんなに売れたんだという裏返しでもあるじゃないか? だから、涼子ちゃんが泣くほど悔しがる気持ちは分かるし、小林幸子さんが紅白歌合戦のためにあそこまで衣装代に費やす(3億〜7億円)気持ちも分かる。もう少しNHKも、出場歌手選びをしっかりやって欲しかったなと思う。確かに最近の人選選びは大変難しいし、紅白それぞれ25組、計50組という枠の中で人選するのも大変だ。

もう一度言う。私が涼子ちゃんのことが大好きだということを度外視して、どう公平に見ても篠原涼子が紅白に出場出来ないのはおかしい。他の人と比較して出場出来る根拠もたくさんあるのだから…。